タグ:宇宙/科学 ( 5 ) タグの人気記事

石の記憶

f0138409_22255324.jpg以前このブログでも紹介した「週刊 昭和タイムズ」他いろいろなシリーズ雑誌でおなじみのデアゴスティー二から、ちょっと前に「隔週刊 地球の鉱物コレクション」というシリーズが新たに刊行されました。べつにこの雑誌は軽く立ち読みをしただけで買ってはいないのですが、この雑誌が出る直前に偶然にも「石」に関係する場所を訪れていたので、そのことを今日は書いてみたいなあと思います^^

それが大阪の本町にあるINAXギャラリーで昨年12月から開催されている「石はきれい、石は不思議展〜津軽石の旅」。津軽の海岸で拾われた石を中心に、各分野で活躍される方々が日本や世界の各地で偶然見つけて拾った石を展示している企画展です。
「なんでも鑑定団」にたまに登場するような、石から木の形がくっきりと浮き出てたり、人の顔に見えたりするようなとても自然にできたものとは思えないような超レアな造形の石というよりも、もうちょっと身近にありそうな感じの石、例えばグリーンがかったり茶色やピンクがかったような色石や、しま模様があざやかな石、磨かれているかのように光沢があってつるつるの質感の石、めのうやヒスイといった天然石の原石などがメインの展示だったので、ワタシも今度どこかの海岸や川原に行った時に時間をかけて探してみたら案外前よりも見つかるかも♪と思ってしまいました。

「前よりも」というのは、実はここ数年、神奈川県や静岡県の海岸に行く機会があった時に、合間の短い時間だったのですがビーチコーミング(砂浜に流れついた貝殻や流木やきれいな色ガラスなどを見つけて拾い集める遊び)をしたことがあって、その時に少しだけですがオレンジ色がかっためずらしいきれいな色の石などをワタシ自身も拾ったことがあったので。ワタシは石マニアではないのですが、やはりこういう普段行かないような海岸や川原に行くと無意識のうちに下を向いて歩いてしまう習性があったりします。

ところで子供の頃の話になるのですが、おそらく夏休み前ぐらいに出た「小学○年生」の雑誌の付録で今でも印象に残っているものがあって、それが子供心にとても楽しいミニ本でした。付録でついてたミニ本といえば、‘なぞなぞブック’が主流だったのですが(あと、ドラえもんの道具を紹介してあるミニ本とかもありました。これはこれでとても好きだったのですが^^)、その本はワタシが読んでた中では後にも先にもこれが一回きりのユニークな内容の本で。。。タイトルは覚えてないのですが、夏休みには楽しい遊びをしたり、アイデアで楽しいモノを作ってみよう!という内容の本でした。
その中に屋外での遊びとして、今でいうビーチコーミングとか、拾った石を絵の具でペインティングする石ころアート、キャンプや夏休みの探検、サバイバル(?)の時用に木の枝で仲間に合図を伝える方法とかが載っていたり、屋内での遊びとしては、モビールの作り方、焼き網を利用した小物かけにもなる壁飾りの作り方etc.etc.が紹介されていました。
「クリエイティブ」という言葉なんてまるで知らない子供時代でしたが、お世辞にも図工の成績がいいとは言えなかったワタシが自由に自分のアイデアや感覚でお手軽にモノを作ったり工夫したりする楽しさに目覚めるキッカケになったのが、のっぽさんの「できるかな」と、このミニ本だったことは確か☆ ささいなことだけど、子供の頃のこういう出会いって意外とホント、大事なものなんですよネ〜^^
昨年紹介したりぼんの付録のファイルのように捨てずにとっておかなかったのが残念ですが、ワタシが大人になった今でも、地球の記憶を封じ込めた石という小さなカケラにわずかながらでも興味があるのはこの本の影響かも知れないなあ、と改めて思ったりしてマス^^

・・・話は元に戻りますが、この企画展、2/22まで開催されているようですので、近くの方でご興味のある方はぜひ^^ 
それにしても、津軽のある海岸(どこの海岸だったか名前は忘れましたが)で拾われた石って展示してあったものを見ると確かにそのへんの海岸にある石よりも、いかにも天然石の原石っぽいものや色石が多かったりしてなぜかとても神秘的。石好きな人の間では有名な場所のような感じで紹介されてたと思います。
もう少し青森が大阪から近かったら春・夏頃にでも行くところなのですが^^; 寝台特急の「日本海」なんかに乗って青森までゆっくり旅ができたらいいなァ・・・☆★


B面時間旅行 / トップページへ
[PR]
by manasavvy | 2008-01-17 19:58 | ・モノ・GOODS

週刊昭和タイムズ(昭和45年)と大阪万博

f0138409_17473130.jpgf0138409_17475259.jpg

f0138409_17481699.jpgf0138409_17483119.jpg


今月になってから発売されている「週刊昭和タイムズ」の第2号、昭和45年(1970年)版を買いました。
なぜ昭和45年かというと・・・この年は大阪万博があった年だからです♪

ワタシはこの年すでにこの世に生まれてはいましたが、まだ物心がつかない頃で、万博の記憶もなければ実際に連れて行ってもらった事実などもありません。
万博をテーマにした本や雑誌、映像はよく見かけますが、同じく大阪で90年代初めに開催された花博とくらべても、そのスケールの大きさはきっとスゴかったんだろうなあと思わせてくれる熱気や雰囲気がどのメディア、資料からも伝わって来ます。どこを見てもまるでひと昔前のSF近未来映画に出て来るような世界・・・(@ @) 夢や奇想天外なアイデアがいっぱいでとっても楽しそうで、見ているだけで本当にワクワクします☆ と同時に、いい意味でこれだけ現実離れした、空想世界を体現したような国際的大イベントが実際に身近で行われていたことにも改めて驚かされてしまいます。
もしかしたら、万博の記憶がないからこそよけいにあの場所、あのイベントを体験したかったという思いが強くなるのかも知れませんが・・・。

というわけで、この「昭和タイムズ」でも万博のことは当然のごとくとりあげられていました。
下の段の2枚の画像。左は、電気通信館のワイヤレスフォン。未来生活をイメージさせるということで大人気だったそうです。ココから現在の携帯電話が誕生したのかも知れないですネ^^
右はサンヨー館の人間洗濯機こと「ウルトラソニックバス」! 人間洗濯機ということは、お湯につかった状態のまま体も自動的に洗えるお風呂だったのデショウカ??? 将来はこんなお風呂に入るようになるとみんな思ってたのでしょうね〜^^
そして、上の段、雑誌の表紙写真の隣にアップしてる湯のみコップですが、コレは2、3年前にワタシが東京に行った時にたまたま通りすがりのお店で見つけて買った万博の時の記念グッズです♪♪♪
書かれてあるのを見るとどうやら、フジパンが出してたものらしい。‘ロボットパビリオン’と(たぶん)書いてあるところを見ると、この湯のみに描かれているのがフジパンが出してたそのパビリオンだったと思われマス。カブト虫の幼虫のようなイモ虫系の形にワタシには見えてしまうのですが、もしかしてコロネとかクロワッサンのようなパンを形どった建物だったのデショウカ・・・??? 
いずれにしても、外観ひとつとってもこんなにユニークで独創的なパビリオンがそこかしこにあったなんて・・・楽し過ぎマス*^▽^*

もしタイムマシンorタイムリープ能力があって、自由に何度でも過去と現在を行き来できるとしたら、万博にはぜったい行ってると思いマス。まだ入場者数が多くなかった開催期間の初めの頃に行ったら、いろんな所がゆっくり見て回れたハズ。「ワタシハ、タイムリ−プシテ2007年ノ未来カラヤッテ来マシタ・・・。」って言いたくてしょうがないけど、SFドラマや映画の主人公達のように歴史を混乱させないためにもひたすら黙ってるしかないんでしょうネ、きっと^^☆

(ライフログに載せている「EXPO’70」という写真集、実は本屋さんで長時間立ち見はしたものの、実際には買っていません^^;お金に余裕ができた時に買おうと思いながら。。。何冊かある万博本の中でもビジュアルがいちばん充実してて、ワタシの大好きな‘懐かしい近未来感’たっぷりの写真集なので、買った時にはぜひここで紹介したいなあと思ってマスヨ^^♪♪♪)


B面時間旅行 / トップページへ
[PR]
by manasavvy | 2007-10-20 19:23 | ・本・マンガ・雑誌

銀河鉄道の夜☆

f0138409_23165452.jpgf0138409_23171333.jpg

f0138409_23173020.jpgf0138409_23175083.jpg


この映像というか画像、すごく幻想的でキレイだと思いませんか☆
7月にアップしたプラネタリウムの記事でも触れていた、「銀河鉄道の夜」というオムニマックスを見に再び大阪市立科学館につい先日行って来て、帰りに館内のショップで買ったポストカードです^^
今までに見たプラネタリウムやオムニマックス作品の中でいちばん美しくて感動的だったので、迷わず記念に買いました。

宮沢賢治の有名な「銀河鉄道の夜」をもとに作られた映像作品なのですが、ワタシは今まで原作を一度も読んだことがなくて、これを見て初めて、単なる空想的なおとぎ話ではなくキリスト教の精神をモチーフにした小説であることを知ったというぐらい無知でした^^;
でも、そういうテーマは抜きにしても、一緒に銀河鉄道に乗って空や星々の間を旅しているようなオムニマックスならではの臨場感が味わえて、見終わった後、もっと長い時間この世界に浸っていたかったなあと思いました。
映像すべてが夢のように美しいのですが、特に、冒頭の夕暮れの空を飛ぶ鳥と同じ目線から眼下に銀河鉄道を見下ろすように展開して行く場面(ここは本当に鳥と一緒に自分も空を飛んでるような錯覚が味わえるぐらい迫力がありマス)と、さそり座の赤い星アンタレスがなぜあんなに燃えているかというエピソードが語られる場面、感動的ですヨ☆ 思わず少しだけ泣きそうになってしまいました。
おそらく3、40分ぐらいだったと思うのですが、つかの間の夢のような旅。
12月まで上映が続くそうなので、また感動と癒しを求めて行ってしまいそうです・・・。


映像作品「銀河鉄道の夜」のHP


B面時間旅行 / トップページへ
[PR]
by manasavvy | 2007-10-11 19:04 | ・映画・DVD・アニメ・TV番組

プラネタリウム

f0138409_2252568.jpgf0138409_22531797.jpg

f0138409_22542798.jpgf0138409_22551820.jpg


あさってが七夕だから・・・というわけではありませんが、今日大阪市立科学館のプラネタリウムに行って来ました☆
去年の夏10数年ぶりぐらいにプラネタリウムを見て、それ以来だったのですが、なぜか夏になると星空が見たくなります。大阪市内のような都会では、とてもじゃないけど満天の星空なんて見ることはできないので、こういう場所に足が向かいます。
「望遠鏡で星を見よう」というテーマの上映だったのですが、もちろん夏、ちょうど今の時期に見える星や星座の話がメイン。見ているうちに、子供の頃よく見上げていた岡山のイナカの夜空を思い出しました。
空気が澄んでいて、街明かりの照り返しがないぶん、いろいろな星や星座が見えて。金星や北極星はもちろん、星座だったら、カシオペアや北斗七星、オリオン座ははっきりと見ることができました。小さい頃近所の友達と一緒に星や月を見ながら走ったり歩いたりして、「星がついてくる」といってはしゃいでたような思い出もあります。
小学校高学年、中学...と上がるにつれて、難しい計算問題や理論ぽいものが増えて来るせいですっかり理科嫌いになってしまいましたが、「日光写真」の記事にも書いたように、もともとは学研の「科学」を好きで購読していたワタシ。星や宇宙は大好きだったのです☆
秋には「銀河鉄道の夜」(宮沢賢治の世界? ワタシは銀河鉄道といえば999のアニメの大ファンだったのですが・・・^^;)と題したテーマで上映があるみたいなので、またその頃に行ってみたいです。

それにしてもワタシが子供の頃は、天体望遠鏡ってクイズ番組の子供大会や雑誌の抽選プレゼントなどでよく人気賞品として出てたような記憶があるのですが、今の子供たちにとってはどんな存在ナノダロウ???
「天体望遠鏡が欲しい!」っておねだりする子、まだいるのカナ???
遠い星空、何万光年の彼方からやってくる光を見上げる少年がたくさんいてくれるといいなあと思います☆

B面時間旅行 / トップページへ
[PR]
by manasavvy | 2007-07-05 23:54 | ・PLACE@大阪

日光写真

f0138409_18563387.jpgf0138409_18571635.jpg

3年ほど前、広島に行った時に、どこかのデパートかファッションビルかの中にあった雑貨屋さんに入りました。そこの雑貨屋さんで、今でもいちばん愛用しているトイカメラ、スメ8に出会ったのですが、それと一緒にもうひとつ買って帰ったモノがありました。それがこの日光写真ができるキットです。その時は面白そうと思って買って帰ったのですが、ずっと使わないまましまっていたのを最近になってまた思い出したので、お天気がいい日に試してみました。

小学生の頃、学研の教育雑誌で「科学」と「学習」というのがあって、ワタシは「科学」の方を毎月購読していたのですが、その付録で確か日光写真を作るキットが入っていたことがあったような気がします(もしかしたら小学館の「小学○年生」という雑誌の付録だったかも。定かではありません)。当時どんなモノを写したかとか、うまくできたかどうかなどはまったく覚えてないのですが、青い輪郭が浮かび上がって来る感じはなんとなく記憶に残っていて.・・・

で、今回できあがったのが、この写真。一応後付けでタイトルもつけて(笑)。左は、そのまんま‘スプーン’。ずっと前に雑貨屋さんで買ったくだものの形のプラスチックの計量スプーンを置いて写したもの。右は、‘ギフト’。宇宙から降って来る贈り物を手を広げて受け取っているようなイメージに見えたので。
なかなかうまくできたかも(自己満足^^;)。というわけで、PCの前の壁にでもべたっと貼って飾っとこう☆

B面時間旅行 / トップページへ
[PR]
by manasavvy | 2007-05-20 13:54 | ・モノ・GOODS