<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

寝台急行「銀河」☆″

f0138409_0555411.jpgf0138409_0561082.jpg

f0138409_0562364.jpg



この間の土曜日の早朝、JR大阪駅に到着する寝台急行「銀河」の最後の姿を見に行って来ました。

昔からある急行列車、ブルートレインが続々と廃止に追い込まれている最近の事情。
他の電車の引退の時には行ってないのに、なぜこの「銀河」の引退の日には行きたいと思ったのかというと・・・ワタシがひとりで電車旅する楽しさを知り始めた今から4年ほど前にさかのぼります。

青春18キップを利用したり、その使用期間外の時期や時間に余裕がなくて新幹線や特急電車で行かないといけない時は「ぷらっとこだま」や金券ショップで買った割安のチケットを利用していたのですが、いつだったか駅のホームで電車待ちをしていた時に、隣のホームにちょっと古くてくすんだようにも見える青色の電車が入ってきたことがありました。
その頃のワタシは(今もあまり変わりませんが)、電車に関してはビギナーだったので、それがどんな電車なのかということはまったく知らず、ただその青い電車から降りて来るお客さんの数がとても少なかったこと、再び動き始めた電車の中に残っていたお客さんの数が回送電車かと思われるぐらい少なくてまばらに見えたことから、何だかとてもせつない気分になりました。
その電車の車体のプレートに書かれていたのが「銀河」という名前。シンボルマークの星の印。 以来、その文字通り銀河を思わせる紺碧の車体の色と、その名前がとても深く印象に残っていました。

残念ながら当時はまだ電車旅に興味を持ち始めて間もない頃だったこともあって、乗ってみたいというような気持ちを抱くまでにはならず、その後もこの2年ぐらいは東京方面に出かける機会がなかったことから、結局一度も乗ることがないままで終わってしまったのですが、旅の楽しさを知り始めたワタシに「老い」とか「せつなさ」といった人間に抱くのと同じような感情を感じさせてくれたこの電車を最後にひとめ見送りたいと思って、朝、大阪駅のホームで到着を待つことにしたのです。

待つこと30分以上、到着予定時刻よりもわずかに遅れて、細くてかん高い口笛のような最後の汽笛を鳴らしながら、銀河が駅に近づいて来ました。
写真を撮ろうと待ち構えているたくさんの鉄道ファンに配慮してか、思った以上にゆっくりのスピードでホームに入って来る電車。
「まだまだ動けないこともないけど、お役ごめんになったことだし、もうここらでゆっくり休ませてもらうよ」とでも言いたげな姿に、心の中で「お疲れ様でした」と声をかけました。


稼働率が30〜40%だったということですが、もう少しみんなにもっと乗ってもらううまいやり方はなかったのかと今さらながら思ってしまう。例えば青春18キップみたいに1年のうち一定期間だけ運賃を格安にするとか、月に何日かだけ格安料金の日を設けるとか。。。
鉄道マニアとまではいかなくても、ワタシのような電車旅が好きな人は結構たくさんいるだろうし、時間に余裕ができてゆっくり懐かしさと旅情を楽しむ旅がしたいという団塊世代の方なんかには好評だったと思うのに。こういうキャンペーンを展開することで、ワタシのような鉄道ビギナーにも、こういう電車があるんだなあって認知が広がるきっかけにもなるし。。。
コスト的にもしかしたらそういうことすらできなかったのかも知れないけれど、何でもかんでもコストダウンとか効率・スピード・生産性重視の名目で、旅情というお金で買えない気持ちの部分すら切り捨てられていってしまう。
ちょっと悲しいなあと思ってしまいます。
「銀河」という名前もとてもステキだったのに・・・。

今年中には個人的にも東京に行きたいと思っているので、その時は行きだけでも10数年前に乗ったトワイライトエクスプレス以来の寝台列車に乗って行こうと決めています。
「富士」とか「はやぶさ」のような旧来型のレトロな車両の電車がやっぱりいいかなぁ。でも「サンライズ」なんかいいかも。特に臨時でたまにしか運転されてない「サンライズゆめ」なんか名前もいいし^^
電車の中から見る夜明けが、希望を与えてくれそうな気がします☆
(お天気が晴れであることを祈りたい。。。^^;)


B面時間旅行 / トップページへ
[PR]
by manasavvy | 2008-03-19 01:23 | ・PLACE@大阪

パラレル・タイム☆

f0138409_18555618.jpgf0138409_18561044.jpg

f0138409_18562367.jpgf0138409_18563587.jpg

f0138409_18564874.jpg



最近、梅田〜福島界隈で見つけた、過去と現在、ミライが同居したようなちょっとフシギな感じの風景。

(写真左上) JR大阪駅北側の貨物用地にある鉄道コンテナ。歩道から見えて目を引いたのが、少し色あせてペールトーンになったコンテナたちのいい感じの色合いと、この「国鉄」とくっきり刻まれた文字(この字体も懐かしい)。
時代を超えて今もなお生き残っている国鉄時代のコンテナ、ちょっとノスタルジック・フューチャーな雰囲気を醸し出してるコンテナたちの中でも、特に光って見えます☆
このままひっそりと、ミライへと生き残っていってほしいナ。。。

(写真右上) 福島にある商店街で見つけた看板。この看板がある福島聖天通商店街というのは、キャッチフレーズが「売れても占い商店街」と言って、月に何度か占い師さんが集まって占いをしてくれる商店街として大阪ではわりと有名な商店街です。
そういうわけでこういう看板があるのだと思いますが・・・この占いキャラクター‘うららちゃん’のシュールな雰囲気と妙にマッチしたUFOのような街灯が印象的だったので、写真を撮りました。

(写真左中) 「僕たちの大好きな団地」の記事の中でも触れましたが、ワタシは基本的に給水塔好きです^^
こういう白くてまるい形の給水塔は集合住宅やビルなどでよく見かけるのですが、後ろに見える梅田スカイビルとの対比によって、近未来な空間(@ @)を強く感じてしまいました。

(写真右中) 昔、ワタシがまだ幼稚園か小学校の低学年だった頃、「猿の惑星」という映画があり、TVでも、猿が人間を支配する世界があるという「猿の軍団」というドラマをやっていたことがありました。(映画は見てないけど、このドラマは毎週見ていました。)

・・・で、ココはいったい、いつから「犬の惑星」に?! 


(写真左下) 何週間か前に発表された、松下電器が創業時以来のブランド名であった「ナショナル」をついに廃止し、「Panasonic」で一本化するというニュース。水戸黄門や大岡越前が始まる前に流れていた「♪明るいナショナル~」のCMがなじみ深い昭和なワタシは、またひとつ時代が移り変わってゆくんだなあというちょっと淋しい感慨にひたってしまいました。
そんな中、福島界隈で偶然に見つけた、このナショナルの乾電池の自販機。
こんな自販機がまだ存在していたなんて・・・!
この自販機のデザインからしてどう見ても昭和40~50年代に設置されたものだと思いますが、やっぱり当時のどこかフューチャーなデザインってステキだなァ。色合いもすごくいいし^^♪
でも、もうすぐ「ナショナル」という名前が消えるのと同時に、もしかしたらこのレトロな自販機も消えてしまうかも知れない・・・と思うとやっぱりちょっと惜しいです。 


B面時間旅行 / トップページへ
[PR]
by manasavvy | 2008-03-10 20:39 | ・PLACE@大阪

気になる看板(3)〜ほのぼのイラスト系

f0138409_1773014.jpgf0138409_1774823.jpg

f0138409_1781658.jpgf0138409_178384.jpg


気になる看板シリーズ第3弾、今回はこの2、3ヶ月の間、歩いている時に偶然見つけて撮りためた写真の中から、ちょっと懐かしい感じのイラストが描かれた看板を紹介しマス^^

(写真左上)これは、大阪市内のバス乗り場のベンチに描かれていた消費者ローンの広告イラスト。消費者ローンのイメージとはまるでかけ離れた、昭和風に言うと‘メルヘンチック’なほんわかイラストにココロが和みます*^^*
書かれてある電話番号の局番(今は大阪の市内局番は4ケタです)からも、このベンチ広告が描かれた時代がしのばれます。

(写真右上)尼崎市の旧西武庫団地のあった界隈にある写真屋さんのシャッターに描かれていたマンガ風の絵。「想い出は心から心へ」白い雲の上に書かれた言葉にも癒されマス。のんびりおおらかなタッチの絵がいいなア。。。と。

(写真左下)公園の入口付近にあった看板です。いちばん好きなのは、右側のいちばん下にあるイラスト。この1列に並んだファミリーの手の格好、表情がステキ☆
空き缶のゴミを順番に前の人に送りながら(?)最後はワンちゃんがゴミ箱に捨てているという絵なのだと思いますが、この手はどう見ても「前にならえ」にしか見えません(笑)
今はまずこういう素朴なカワイイ絵はないでしょう??? 大阪市内にて。

(写真右下)そして最後は、看板にも書かれているように、阪急十三(じゅうそう)駅前で見つけた‘鉄わん波平’。
今回は「ほのぼのイラスト系」というテーマで撮った看板写真をピックアップしたのですが、‘鉄わん波平’をこの中に入れるべきかどうか正直迷いました(笑)
ほのぼの、というよりも完全にVOWネタのオモシロ看板なので。
その名の通り、「鉄腕アトム」とサザエさんの「波平」を足したこのキャラ、いったいどこに彼は飛んで行こうとしているのデショウカ・・・(@_ @)??? (あのお腹はもしかしてメタボ???)
でも、確かに懐かしいタッチの絵には間違いないと思い直し(笑)、ココで紹介することにしました。

大阪近辺は、他の地方都市にくらべて、こういう懐かしいほのぼのイラスト系の看板を見かけることが少ないような気がしていたので、いくつか偶然に見つけられて楽しかったです^▽^♪


B面時間旅行 / トップページへ
[PR]
by manasavvy | 2008-03-02 21:14 | ・PLACE@大阪