カテゴリ:・中崎町時間( 4 )

中崎町の風景(4)〜with SX70、そして・・・

f0138409_1655837.jpgf0138409_16552380.jpgf0138409_16553743.jpg

f0138409_1656829.jpgf0138409_19212156.jpgf0138409_16563824.jpg



大好きな中古のポラロイドカメラSX70で中崎町の写真を撮りました♪


SX70はごらんの通り、青みがかったノスタルジックな雰囲気の写真が撮れるのがミリョクで1、2年前に買ったのですが、重くて持ち歩きにくいのでついつい疎遠になっていました(- -;)

でも、宝の持ち腐れではモッタイナイ、というワケで、カメラひとつでとことこ出かけられるおなじみ、ご近所の中崎町を写してみることに。小春日和の11月の朝、お散歩がてらの写真です☆ 

公園にある鉄棒とか、‘文化住宅’の玄関先に置かれている二槽式の洗濯機とか・・・。気になるモノをポラロイドのジガジガいう音と一緒に楽しみながら撮り歩きました。


ただ実は下段の真ん中と右の写真は、厳密に言うと中崎町ではなく、すぐお隣の豊崎という地区で撮った写真です。

これはワタシの母が以前通りががかった時に実際に見た光景だったらしいのですが、この写真に写っている路地で、この路地廻りに住んでいると思われる住民の方数人が道路工事の業者に詰め寄っていたことがあったらしいのです。
どうやら、ここに住んでいる人間はみんな砂利道のままがいいと思っているのに、なぜ何の許可もなく勝手にこんな車も通らないような細い路地を鋪装するのか???ということでモメていたらしいのですが、結局工事業者側が引き下がったようです。

確かにここを歩くと、夏なんか温度が全然アスファルトの道とは違って涼しいから気持ちいい☆木陰もあるのでこんなふうにテーブルと椅子を置きたくもなります^^田舎の路地裏でさえ今ではなかなか見られない砂利道が残っているのにはこんなエピソードがあったのです@_@



さて、ここで満を辞して(?)の写真を・・・。

f0138409_16573863.jpgf0138409_16575178.jpg

f0138409_1658446.jpg

以前、中崎町の風景(2)のブログの中でご紹介したわが家の、というよりたぶん中崎町を代表するアイドル猫クロちゃん(←勝手にうちで呼んでる呼び名です)の、初めての真正面からのポートレイト写真です♪♪♪


左はカメラの方向からちょうど太陽の光がさしててまぶしくて目をつぶってるクロちゃん。あ、クロちゃん、ゴメン!と言ってカメラを構える向きを変えて写したのが右の写真。

決して特に可愛い顔してるわけではないし、写真写りもいまひとつなのですが、人なつこくてこうしてカメラを向けても逃げずにちゃんと目線まで合わせてくれマス^^


そして、今回写真を撮った時に初めて気づいたこと。

なんとクロちゃん、カメラ目線というだけではなく、どういうわけか時々背筋までピッと伸ばしてポーズをとってくれてるようなのです(笑)!

左の目を細めてる写真と右の写真とをくらべてもわかると思うのですが、明らかに右の方は背筋が伸びてるでしょう???この他にも何枚か写真を撮ったのですが、シャッターを押す前にレンズ越しに見てても背筋を伸ばそうとしてるのがわかるんですヨ。


すっかりモデル気分のクロちゃん(笑)。 可愛いヤツです*^^*


(下の写真は、「ホリイケ」という中崎町内にある駄菓子屋さんです。日陰になりやすい場所なので、ポラではなくてクロちゃんを写したカメラでついでに撮りました。近所の子供達のたまり場です☆)


B面時間旅行 / トップページへ


なお、こちらのブログには、2009年1月16日までの記事を載せていますが、それ以降の記事はコチラの新しいブログに載せています。 ぜひ、ごらんくださいネ^^b
[PR]
by manasavvy | 2007-12-02 20:11 | ・中崎町時間

中崎町の風景(3)/夏祭り

f0138409_2120031.jpgf0138409_21201718.jpg

f0138409_2121760.jpgf0138409_2121229.jpg



この間の週末、7月14日、15日は中崎町の夏祭りでした。

以前「中崎町の風景」という記事の中でも書きましたが、こんなに大阪の中心地、梅田にほど近い場所にありながら、いまだに昭和の風情やコミュニティが残っている町で、夏祭りには子供みこし(だんじり)も出るのです。

14日の土曜日は、あいにく台風の影響で雨が降ってしまい、子供たちや付き添いの保護者や世話役の方たちもずぶぬれになりながらでたいへんだったと思いますが、翌日の日曜日は台風一過で無事晴れて、だんじり日和(?)になりました。



太鼓や先導する笛の音は遠くからでもよく聞こえ、中崎町の夏の風物詩として毎年楽しみにしています。

家にいる時は音が聞こえてきたら、かならず急いで外に出て見にいくんですよ^^。単なる野次馬かも知れませんが、子供の頃のイナカの夏祭りを思い出して、すごく心が和むのです。


写真を撮ったのは今年が初めてですが、すでに統廃合で閉校になった小学校のグラウンドが集合、解散の場所になっていて、帰りには子供たちはごほうびのお菓子をもらっていました。
これも、ワタシが子供の時と一緒。
このあとでもらえるお菓子やジュースが楽しみだったから^^


夕暮れがせまる頃「おばちゃん、おやつもろた〜!」と、駄菓子屋のおばちゃんのところに寄り道していく子供たち。
幸せな気分をおすそ分けしてもらいました。


B面時間旅行 / トップページへ


なお、こちらのブログには、2009年1月16日までの記事を載せていますが、それ以降の記事はコチラの新しいブログに載せています。 ぜひ、ごらんくださいネ^^b
[PR]
by manasavvy | 2007-07-18 16:14 | ・中崎町時間

中崎町の風景(2)

f0138409_14305785.jpg f0138409_14313434.jpg

f0138409_1432754.jpg f0138409_14322581.jpg f0138409_14324549.jpg


左上、中崎町の名物猫、クロちゃん(と、うちでは勝手に呼んでいます)です。

クロちゃん、実はもともとノラなのですが、今では小さな食料品店のおばちゃんにエサや寝床の世話までしてもらって、すっかり飼い猫、看板猫的な存在になっています。

お店のおばちゃんが猫好きで、ほっとけなくてというのもあったみたいですが、このクロちゃん、すごく人になつくというのも可愛がられる理由です。


この写真を撮った時も、寄って行ったら、すぐにしっぽをワタシの足もとにスリスリしてきて、顔をこっちに向けてくれなかったので思ったようにアップの顔の写真が撮れなくて(><)。

黒猫って目つきが鋭い奴が多いけど(ノラ出身だったらよけいに)、まるまるとしておっとりした顔をしてるのが可愛いので、ぜひその顔を撮りたかったのですが...。
仕方ないから背中をなでなでしてやったりしてしばらく遊んでたら、そのうち飽きたのか歩き出したので、その姿を撮りました。


このお店にはれっきとしたもとからの飼い猫がいるのですが、クロちゃんが店先にいたらクロちゃんに追い回されるのを嫌がって(おっとりしてそうに見えてそういう面があるのがまたオカシイ)、ぜったい家の中から出て来ないそうです。
だからたぶん知らない人が見たら、クロちゃんの方がもともとからの飼い猫だと思うでしょうネ。


今日もお昼前に散歩がてら会いに行ってみたのですが、お天気がいいからどこか遊びに行っているのか寝ているのか...姿は見えませんでした。



B面時間旅行 / トップページへ


なお、こちらのブログには、2009年1月16日までの記事を載せていますが、それ以降の記事はコチラの新しいブログに載せています。 ぜひ、ごらんくださいネ^^b
[PR]
by manasavvy | 2007-05-13 14:37 | ・中崎町時間

中崎町の風景

f0138409_21475095.jpgf0138409_21523485.jpgf0138409_226081.jpg
f0138409_2159659.jpgf0138409_2213166.jpg



このGWの前半、特に遠出する予定もなかったワタシは、自宅にほど近い中崎町の町内を散歩して写真を撮り歩きました。

ここ数年雑誌やテレビでとりあげられることも多く、20代の若い子やカメラを首からぶらさげたおじさんが写真を撮りながら歩いているのをよく目にしていたのですが、ワタシ自身はかえって近いところに住んでいてあたりまえの日常生活の中で歩いているせいか、町並みの写真を撮ったのはこれがほぼ初めてです。



中崎町は大阪の中心地梅田に隣接する場所にありながら、下町の風情が残る、都会の中のエアポケットのような町です。


戦災をまぬがれて古い民家や長屋が残ったというのも大きかったようですが、高校卒業後大阪に出て来て以来ずっとこの周辺に住んでいるワタシが思うに、そういうハード面だけではなくてコミュニティ〜ここに暮らす地元の人たちそのものに良い時代の風情が残っているような気がします。

こんな都会の中心地にありながら、今でも夏祭りには子供みこしが出て、冬になると拍子木(ひょうしぎ)をカチンカチンたたきながら火の用心の見回りをする町ってステキやと思いませんか?

子供達が学校の帰りに立ちよるような駄菓子屋の雰囲気がまだ少し残る店、銭湯、町猫、路地に干された洗濯物、並べられた植木鉢...。



最近では新しいマンションが急増し、昔からある建物や民家が取り壊されたり小学校が統合で廃校になったりという淋しさもありますが、昭和の町並みの中に古い民家などを上手に再利用して作ったオシャレなカフェや雑貨屋、古着屋が点在し入り混じって、時代間、世代間を超えたような(この世代間を超えた町の雰囲気、すごい気に入ってマス。

若い子もじいちゃんばあちゃんも何の違和感もなく一緒の空間にいられて。話したりしている光景もたまに目にします。)不思議なミリョクのある町になっています。


ワタシにとっては第二の故郷のような存在の町でもあるので、へんに再開発されすぎないで、今のような古いものと新しいものとが肩ひじはらずのんびりと共存するような町でいつまでもあってほしいなと願いマス☆



町内の名物猫で、今回もどうしても写真を撮りたい猫ちゃんがいたのですが、見るたびいつでもお昼寝中で...。(猫の駅長のたまの時といい、お目当ての猫がお昼寝していることがなぜか多いです、最近(^^;))


なので、近々もう一度中崎町の特集(?)組んで、その時に紹介したいと思いマス。


B面時間旅行 / トップページへ


なお、こちらのブログには、2009年1月16日までの記事を載せていますが、それ以降の記事はコチラの新しいブログに載せています。 ぜひ、ごらんくださいネ^^b
[PR]
by manasavvy | 2007-05-04 01:10 | ・中崎町時間