0系新幹線、定期運転最後の日

f0138409_20491523.jpgf0138409_20495497.jpg

f0138409_20505021.jpgf0138409_2051771.jpg

f0138409_20524777.jpgf0138409_2053412.jpg

f0138409_20541834.jpg



今日11月30日は、0系新幹線の定期運転の最終日でした。
実は木曜日の早朝にも行ってきたのですが、今日もう一度早起きして、朝7時47分着、折り返し7時59分発博多行きの0系新幹線を見に新大阪駅まで行ってきました。

発車までの時間、少しだけ乗り込んで車内の様子も写真に撮りました☆
車内にいる乗務員の方の写真がありますが、これは自由席車両の3号車と指定席車両の4号車の間の連結部分で撮った写真です。
今ののぞみなどの新幹線だと、乗客の目に触れないような仕様になっているスペースなんだろうと思われますが、0系の時はこういうふうに乗客からも見えるような乗務員室になっていたんだなあと、改めて時代を感じました。 そういえば、ローカル線の鈍行列車に乗った時も、今は使用されてないけれど、こういう連結部分の乗務員室が残っていることが多いですよネ^^

0系新幹線に対する思いや感慨については、少し前の記事「「夢の超特急の時代」〜さよなら0系新幹線展」にも書いたので、今日はあえて書きませんが、本当のラストランは12月14日の特別運転になるようなので、今度は大阪近辺のどこかターミナル以外の場所から、走っている0系の写真を撮れたらいいなあと思っています^^

(いちばん下の写真は、大阪駅前のビルにある格安チケットショップの看板。
いくら時代が流れても、やはり新幹線の絵といえばこの0系の絵になってしまうんですよネ、という象徴的な看板だし、このアナログな手作り看板の雰囲気も気に入って、写真に撮りました☆)




B面時間旅行 / トップページへ
[PR]
by manasavvy | 2008-11-30 22:33 | ・PLACE@大阪


<< 12月2日のシアワセ・サイン☆ 飛行機と夜明け空 >>