キンモクセイ

f0138409_13541919.jpg

街を歩いていると、キンモクセイの香りがあちらこちらから風に運ばれてやって来る季節になりました。

今から9年前の秋。ワタシは、精神的に底の時期は過ぎていたものの、後から思い返すとまだまだ回復には程遠かった時期。
当時働いていた職場で知り合った仲間と、キンモクセイの花の香りが漂う駅までの道を、他愛もない話をして笑い合ったりしながら毎日歩いて帰っていました。

話していて気が合うし楽しかったけど、その時はまさか、こんなに長い付き合いになるとまでは思わなかった。
その時知り合った友達とは、とても頻繁に会ってる訳ではないけど、今でも、お互い今頃何してるかなあと気にかけ合う友達です。

というわけで、毎年この季節、キンモクセイの香りをかぐと、彼女に無性に連絡をとりたくなります(笑)
すぐに会ってもいいんだけど、今年は初めてキンモクセイのたよりを送りました。

うちの家はマンションの1階。ちゃんとした土の地面の庭というかベランダがあるので、一緒に暮らしているガーデニング好きの母がたくさんいろんな花を植えているのですが、キンモクセイもその中にあって、今満開なのです☆  葉っぱの上に落ちた小さいひとつひとつの花を集めて封筒に、手紙と一緒に入れました。

これが翌日家に着く頃には、お花は完全にしおれてドライフラワーみたいな状態になっているかも知れないけど、香りは届けられるかなあ、届いてほしいなあと願いつつ・・・。


この9年前の時期に知り合っていまだに付き合いが続いている友達はもうひとり、彼女の方はおいしいものと旅が好きという共通点もあって、時々一緒においしい店に食べに行っています。
去年、彼女のことでふとひらめいた瞬間があって、「再来年あたり結婚しそうな気がするから、来年でもどこか一緒に旅行行こうな!」って話したけど、問題の来年果たしてどうなるカナ・・?

キンモクセイのたよりを送った友達の方は、奇しくもふたりとも同じ病気にかかったり、彼女の名字と、ワタシのことをすごく可愛がってくれた、子供の時に亡くなった婿養子だったおじいちゃんの旧姓とが同じだったり・・・と、何かと縁を感じる友達。 自分の直感を大事にしてる彼女とは、話しているとなぜか元気になる。


みんなどんな形であれ、幸せになれるといいなあ(祈)☆

来年の今頃は、キンモクセイの花をどんな思いで眺めている自分がいるんだろう・・・



B面時間旅行 / トップページへ
[PR]
by manasavvy | 2008-10-19 12:59 | ・シアワセノアンテナ


<< 写真がもっと好きになる。 「20世紀少年」全巻読みました♪ >>