尼崎の鉄道ジオラマへ、再び

f0138409_21571672.jpgf0138409_21573069.jpg

f0138409_21514317.jpgf0138409_21515786.jpgf0138409_21521310.jpg


昨年夏以来になっていた尼崎のアミング潮江3Fに展示してある鉄道ジオラマ(昨年行った時の記事はコチラ)へ、この間久々に行って来ました。
昨年行った時は展示が始まって間もなくの頃だったので、京阪神地域の部分しかジオラマが出来てなかったのですが、全景が出来上がった時にもう一度見てみたいなあと思っていたので、楽しみにしていたのです♪

山陽、山陰、北陸方面など、全景は見事に完成していました^^☆
ワタシが特にうれしかったのは、餘部(あまるべ)鉄橋(写真下中央)と、富山市内を走る路面電車(写真左上)が再現されていたこと!
餘部鉄橋は、架け替え前にあの鉄橋を子供の時に見て以来もう一度見ておきたいと思っておととしの秋に行った、感慨深い場所ですし、富山も3、4年前に行って、時間がなくて乗ってはいないのですが駅前を走っていた路面電車が印象的で写真を撮った、どちらもとても思い出に残る場所だったからです。
やはり鉄道ジオラマだけに、こういう小さなローカル鉄道もある程度はカバーしているのでしょうネ^^ もしかしたら、富山レールウェイの電車の写真の上の方に写っている赤い鉄橋も、黒部峡谷鉄道のトロッコ電車が走る鉄橋でしょうか??? 富山駅にも近いし、もしかしたらと思ったのですが、そうだとしたらここも行ったことのある場所なんですヨ。以前トロッコ電車に乗って赤い鉄橋渡って、黒薙(くろなぎ)温泉に行ったことがあるので^^♪

その他にも、地元の京阪神地域ではないだけに、新しく完成していた部分には不明なコトが多々ありました。
この鉄橋とトンネルの近くに合掌造りのような古い民家の模型があったので、同じ富山だとしたら五個荘の集落かなあと思ったのですが、世界遺産の岐阜県の白川村の集落の模型なのかなあとも思ったり。
あと、写真右下のこの円いドーム型の建物とその奥に少し見える四角い競技場。これはいったい何県の何を表したモノ??? ドームだけだったら、ナゴヤドームかなという気もしますが。。。 あとこのドームの手前に特徴的な形のビルもいくつかあったりしたのですが、それも何か結局わかりませんでした^^;
高層ビルの展望台にある表示板みたいに、簡単にここから見える主な建物の名前の表示みたいなモノが欲しかったかも^^;

昨年すでに完成していた京阪神地域も、気球が空を飛んでいたり看板の文字が変わっていたりと、わずかですがマイナーチェンジも見られました^^
少しずつ新しい模型を増やしたり変更したり、飽きないような工夫をしながら展示を続けていってほしいなァと思いマス^^  お金はかかりますが、地方ごとに日本国内全域のジオラマを作ればベストですが・・☆ 


B面時間旅行 / トップページへ


こちらのブログには、2009年1月16日までの記事を載せていますが、それ以降の記事はコチラの新しいブログに載せています。 ぜひ、ごらんくださいネ^^b オモシロ系にバージョンアップしてますよん♪
[PR]
by manasavvy | 2008-02-01 23:10 | ・PLACE@関西・他地域


<< 高石市の工場地帯 小学生の頃使っていたキャンディ... >>