京都国際マンガミュージアム

f0138409_21484678.jpgf0138409_2149288.jpgf0138409_21491682.jpg


先日、昨年秋にオープンした京都国際マンガミュージアムに初めて行ってきました。
開館したときから行きたいとずっと思ってたのですが、京都に行く用事があってもJR京都駅周辺だったりとなかなかゆっくり行く機会がなかったので、やっと行けて良かったです^^

このマンガミュージアムは文字通りマンガの博物資料館兼図書館。京都精華大学との共同運営施設でもあるのですが、一般にも公開されてて誰でも入館できます。
できて間もないこともあってとてもキレイで、敷地面積も広い!建物に面して人工芝のお庭もあったりして、行った日はあいにく小雨の降るお天気だったのですが、春や秋の気候の良い季節はここでぼーっと座ってても気持ち良さそうだなァと思いました。曜日や天気によってはこの芝生の庭で紙芝居なんかもやってるみたいですし^^
入館してみると、外から見た感じよりフロアがかなり狭いように最初思えるのですが、これが京都の町家と同じで意外に奥行きがあったりします。1階から3階までのフロアに少年マンガ、少女マンガ、etc.といった種類別に配架されてて、しかもそれぞれ著者名のアイウエオ順に並べられてるから探しやすいし見やすいのです★

ワタシは少女コミックによく連載や読みきりの作品が載っていた美村あきの先生の「放課後の時間割」というマンガ(以前アップした70-80’s少女マンガの思い出(1)にも少し書いた、初めてワタシが‘年下’の男の子〜♪にときめいたマンガです)や、これも昔読んだ記憶がある大和和紀先生の「あい色神話」という4話で完結の10年愛の物語を描いたマンガなどを読みました。う〜ん、当時子供だった自分がどんな雰囲気の恋愛にあこがれてときめいてたかというのが改めてよくわかりますネ(笑)
一緒に行った友達は「天は赤い河のほとり」というマンガを一心に読みふけってて、帰る時には全部で20数巻あるうちの6巻まで読み終わってました。古代ヒッタイト王国を舞台にした歴史ロマンらしいです。友達は歴史モノが好きらしく、子供の頃は「あさきゆめみし」や「王家の紋章」を読んでいたということだったのですが、こんなマンガ知らなかったなあと思い、wikiで調べたらこの「天は〜」は1995年から少女コミックに連載されてたマンガ。当然もう大人になってた頃なのに、よくこんなマンガの存在を知ってたな〜と妙に感心。もしかしてワタシが知らないだけでわりと有名なマンガ???ワタシの中ではこの頃はマンガ氷河期だったので、YOUNG・YOUに載ってたマンガぐらいしか知らないんです- -;
その他ワタシは、「キノコ・キノコ」という昔りぼんに連載されてたキノコのキャラが出てくる四コママンガ の単行本も発見したりして。。。すっかり絵とタイトルを見るまで忘れてたマンガだったのでそのぶんめちゃめちゃ懐かしかったです。

他にワタシたちが行った日にはこの写真でアップしてるような原画展があったり、時間が足りなくなって見れなかったんですが、日本のマンガの海外版もたくさん置いてあったりして、マンガ好きであれば朝から晩まで一日苦もなくここで過ごせます(笑)
前に書いた「キノコ・キノコ」みたいな、ぜったい他の本屋やマンガ喫茶、BOOK‐OFFなんかでも見当たりそうにないマンガ、おそらくもう絶版になってるようなマンガもいっぱいあって自由に読めるようになってるし、一度券を買えば、途中で外出しても再入館可能。お昼においしいごはん食べに出てからまた戻ってくるということもできるし・・・。ワタシは年内に京都に行く用事もあるのでついでにその時また行こうと決めていますが(今回読めなかったマンガでぜひ読みたいマンガもあるので)、マンガ好きの方は、桜や紅葉、神社仏閣以外に時間に余裕があればぜひ観光スポットとして行ってみられることをおススメしますヨ♪

実はこの日はもともとはおいしいモノを食べに行くのがいちばんの目的だったのですが、友達が前々から絶賛してる某神社近くの海老天とじ丼のおいしいお店に行ったところなんとタイミング悪く定休日^^;で。しかたなくべつの店に入ったものの味はたいしたことなくて(そういう店はまわりの客に地元らしい人はおらず観光客しかいなかったりする・・・)、あ〜他に候補にあげてた店の方にしたらよかったなァ、と後悔してた矢先、マンガミュージアムのおかげで一転、時間を忘れるほど充実した一日になりました♪♪♪まあ、そうでなくてもマンガを読んでる時以外はふたりでしゃべりたおしてたので、時間がたつのは早いんですけど(苦笑)

・・・さて実はワタシ、少し前に竹宮恵子の名作と言われる「地球(テラ)へ」の新装版コミックスを買いました☆^^☆子供の頃こんな有名な作品にもかかわらずまったく読んでなかったのですが、SFマイブーム再来の今、遅まきながらハマッて読んでいます。次回感想アップします♪♪♪


B面時間旅行 / トップページへ


なお、こちらのブログには、2009年1月16日までの記事を載せていますが、それ以降の記事はコチラの新しいブログに載せています。 ぜひ、ごらんくださいネ^^b
[PR]
by manasavvy | 2007-12-12 21:48 | ・本・マンガ・雑誌


<< NHK少年ドラマシリーズ「七瀬... 中崎町の風景(4)〜with ... >>