気になる看板

f0138409_18241388.jpgf0138409_18243290.jpgf0138409_18244676.jpg


ずっと前に「手品稽古場」の看板を紹介したことがありましたが、またまたどこかB面な空気を醸し出している看板にいくつか遭遇したので、紹介しておきます。

どれも社名の看板ばかりなのですが、まず左の「大阪寒天貿易」から。
「寒天」というどことなくマイナーなイメージの食材に「貿易」という言葉を持って来る組み合わせ方や看板の字体など、トータルに昭和40年代的なニュアンスを強く感じたので写真に撮りました。本当はこの建物の入口にさらにイイ感じの横書きの看板がどーんと大きく設置してあるのですが、ここのすぐ前に高速道路の出口があるため、その看板をちょうど良いアングルから撮れる位置に立てず断念しました^^;

残りの2枚の写真ですが、これはどちらもいわゆる「業界新聞社」の看板です。見かけることはそう多くはないものの、たまにこの手の看板に出会う時いつも思うのは、いったいここでどんな人がどんな仕事をシテルンダロウ、会社の中はどんな感じにナッテルンダロウ・・・ということ。
限りなく内輪向けと思われる業界新聞社、もちろん例外はあるものの、なぜかこういう古い雑居ビルなどに入居していてもしかして家内工業か?と思われるほど小さな零細企業であるコトが多く、また出入りする人を見かけることもほとんどなかったりするんです(@_@)一日会社の前に立ってたら、きっとそんなことはないんでしょうけど。。。

めまぐるしい現代社会の中で、どこか時代や時間の流れから隔たって(あるいは超越しているかのように)存在し続ける都会の小さな謎。ワタシは無視して通り過ぎることができません^^
もし異次元の世界へ通じる時空の穴がどこかに空いてるとしたら、こういう場所にあるのかも・・・???


(今日紹介した場所はすべて、大阪の西天満・南森町界隈にあります。中小企業や昔ながらの商店の他にも、レトロな雰囲気の雑居ビル、骨董屋、画廊などが多く、お散歩には最適。いわゆる昭和レトロの風情がところどころに残る町なのです。そして、その片隅にひっそりとたたずむ気になる看板たち・・・^^♪)


B面時間旅行 / トップページへ
[PR]
by manasavvy | 2007-10-25 18:54 | ・PLACE@大阪


<< 関西国際空港☆〃 週刊昭和タイムズ(昭和45年)... >>