プラネタリウム

f0138409_2252568.jpgf0138409_22531797.jpg

f0138409_22542798.jpgf0138409_22551820.jpg


あさってが七夕だから・・・というわけではありませんが、今日大阪市立科学館のプラネタリウムに行って来ました☆
去年の夏10数年ぶりぐらいにプラネタリウムを見て、それ以来だったのですが、なぜか夏になると星空が見たくなります。大阪市内のような都会では、とてもじゃないけど満天の星空なんて見ることはできないので、こういう場所に足が向かいます。
「望遠鏡で星を見よう」というテーマの上映だったのですが、もちろん夏、ちょうど今の時期に見える星や星座の話がメイン。見ているうちに、子供の頃よく見上げていた岡山のイナカの夜空を思い出しました。
空気が澄んでいて、街明かりの照り返しがないぶん、いろいろな星や星座が見えて。金星や北極星はもちろん、星座だったら、カシオペアや北斗七星、オリオン座ははっきりと見ることができました。小さい頃近所の友達と一緒に星や月を見ながら走ったり歩いたりして、「星がついてくる」といってはしゃいでたような思い出もあります。
小学校高学年、中学...と上がるにつれて、難しい計算問題や理論ぽいものが増えて来るせいですっかり理科嫌いになってしまいましたが、「日光写真」の記事にも書いたように、もともとは学研の「科学」を好きで購読していたワタシ。星や宇宙は大好きだったのです☆
秋には「銀河鉄道の夜」(宮沢賢治の世界? ワタシは銀河鉄道といえば999のアニメの大ファンだったのですが・・・^^;)と題したテーマで上映があるみたいなので、またその頃に行ってみたいです。

それにしてもワタシが子供の頃は、天体望遠鏡ってクイズ番組の子供大会や雑誌の抽選プレゼントなどでよく人気賞品として出てたような記憶があるのですが、今の子供たちにとってはどんな存在ナノダロウ???
「天体望遠鏡が欲しい!」っておねだりする子、まだいるのカナ???
遠い星空、何万光年の彼方からやってくる光を見上げる少年がたくさんいてくれるといいなあと思います☆

B面時間旅行 / トップページへ
[PR]
by manasavvy | 2007-07-05 23:54 | ・PLACE@大阪


<< 鉄道ジオラマ☆ 手品稽古場 >>