NIPPON STYLE

新聞の日曜版に、おもしろいデータベースサイトの紹介記事が載っていました。
『日本を変えたプロダクト図鑑 NIPPON STYLE』。主に戦後から現在までに発売された国内のあらゆる分野の商品をデータベース化したサイトです。
その中に「プロダクトでたどる自分史」というのがあって、自分の生まれた年以降、発売された主な商品が年度ごとに写真付きで一覧できます。
ワタシはやはり自分の子供時代である70年代〜80年代をたどって見てみたのですが・・・
やっぱり当時のデザインはいいですね〜☆ ただ単に懐かしいからというわけではなくて、今売られている商品よりも、ずっと近未来的なデザインが多い気がします。

特に車と家電製品。
例えばこんな炊飯ジャー
こんなとか。
こんな公衆電話♪♪♪

よく雑誌や本などで昭和のヒット商品の特集がされていたり、昭和の生活雑貨を売りにする雑貨屋さんがあったりするので、そういうのは大好きでチェックしているのですが、実際、子供時代の流行って、お菓子などの食べ物や文房具、遊び道具、テレビ番組などのごくごく身近なモノのことはよく覚えていても、車とか家電などの大型品は自分が関心を持ってメインで使っていたものではないだけに、懐かしいというより初めて見るような新鮮さを感じるモノが多いなあと改めて思いました。地域限定のモノもあったりしますし。

見ていて楽しいおすすめサイトです☆

B面時間旅行 / トップページへ
[PR]
by manasavvy | 2007-04-15 14:23 | ・モノ・GOODS


<< わが家の80年代家電☆ 猫の駅長 >>